[AmazonWebServices]IAMユーザを追加して、アクセスキーとシークレットキーを取得する

投稿者: | 2014/04/03

Amazon Web Services

前回の記事でコマンドからEC2インスタンスの起動や停止ができるようになりましたが、コマンドを使えるようにするにはアクセスキーとシークレットキーを設定しなければなりません。前回はその部分を省略したので今回はその手順を追っていきます。

今回の目標

  • AWSのIAMユーザを追加する
  • IAMユーザの権限を付与する

(アカウント持ってない人)AWSのアカウントを作成

今回はこちらの説明は省略します。他の記事を参考にアカウントを作成してください。
アカウント作成時にクレジットカードが必要になります。

Management Consoleにログイン

AWSのManagement Consoleにログインします。

Identity and Access Management(IAM)に遷移

下記のようにIAMのリンクをクリックします。

IAM

IAMユーザを追加

① [Users]をクリックします
② [Create New Users]をクリックします

iam_user

ユーザ作成

[Enter User Names]欄にユーザ名を入力して、[Create]ボタンをクリックします。

create_user

アクセスキー、シークレットキーの確認

数秒でユーザが作成されます。
ここで、[Show User Security Credentials]をクリックすると、アクセスキーとシークレットキーが確認できますので両方ともメモなどに控えておきましょう。
特にシークレットキーは画面から確認できないので、紛失した場合はアクセスキーを再作成することになります。

access_key

ユーザに権限を付与

ユーザを追加だけでは、そのアカウント(アクセスキー)で何もできません。
ユーザに権限を付与する必要があります。今回は練習ということですべてのコンポーネントを操作できる(全権限)を付与してみます((通常はアカウントごとに使えるコンポーネントを限定します))。

① 権限を付与するユーザをクリックします
② [Permissions]タブをクリックします
③ [Attach User Policy]をクリックします

user_policy

権限(パーミッション)を設定

ここで具体的な権限(パーミッション)を設定します。自分で自由に設定もできますが、今回はすでに用意されているポリシーを選択します。
[Select Policy Template]を選択し、[Administrator Access]欄の[Select]をクリックします。

set_permissions

[Apply Policy]をクリックすると完了です。

set_permissions_2

最後に

今回はIAMユーザの追加と権限の付与を行いました。
AWSアカウントを作成すると、1年間は無料枠が使えるので色々なコンポーネントを試してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください