CentOS 6.6でwaifu2xを使えるようにしてみた

投稿者: | 2015/09/18

(2015/11/05 追記)
タイトルがおかしかったので修正しました。

前回の更新からまた大分空いてしまいました・・・
下書きばかりが溜まっていくのですがちゃんと記事としてまとめられていないのでちょくちょく更新していくようにします。

waifu2xという画像を高画質で拡大してくれるライブラリがあります(動作原理とかよく知らない)。それをWebサーバに入れて動かしたいとの要望がありました。

Public AMIが公開されているのでそれからEC2インスタンスを起動するのが一番手っ取り早いのですが、CentOSを使っているのでそれに合わせたいのと、LDAPなど共通でインストールしたいものがあったため、一からインストールして使えるようにしてみました。

環境は以下の通りです。

  • EC2インスタンス g2.2xlarge
  • CentOS 6.6

Installationを見ながらやってみました。

事前準備

Torch7のインストール

エラーが出ました。
git cloneするときに、gitプロトコル(9418番ポート)で行おうとしているのですが、そんなポートは閉じているのでタイムアウトになっていたのが原因です。
git://からhttps://に変換するようにします。

再度実行

CUDA 7.0のインストール

ここが一番時間がかかった・・・

共有ライブラリへパスを通す

CUDAコマンドのパスを通す

rootも含む全ユーザにパスが通したいため、/etc/bashrcにパスを追加します。

CUDAコマンドの検証

ぐぬぬ。NVIDIA Driverが無いらしい。
もう一度やり直す。

ドキュメントを読んでちゃんとやってみます。

インストール中のログを見ると、kernelとkernel-develのバージョンが違うと怒られていました。

kernel-develはCUDAのインストール時に依存関係で一緒にインストールされるのですが、今あるkernelとのバージョンとは異なるようです。
kernelとkernel-develのバージョンを揃えてみます。

もう一度やり直し。

無いのでRPMを持ってきてインストールします。

バージョンが揃いました。
もう一度CUDAをインストールします。

ちゃんと動くか確認します。

できた!!

こちらも通りました!手こずりました・・・

Luaモジュールのインストール

LuaJITのインストール

これでインストール完了です。

waifu2xを試す

できました!

最後に

手順通りにやれば簡単にできるだろうと思ってたのですが、CUDAが曲者で意外と手こずりました。
実は最近、CUDA 7.5が出ており、Yumでインストールすると 7.5がインストールされ、動かないばかりかkernelパニックまで起こりました。
その対処法は別途書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*