CentOS 6.6にCUDA 7.5をインストールしたときにカーネルパニックが起こったときの対処方法

投稿者: | 2015/09/19

CentOS 6.6にwaifu2xをインストールしてみたでCUDAをインストールした後、nvidia-smiコマンドを実行するとカーネルパニックを起こしてサーバが固まることがありました。

原因はよくわかりませんが、CUDAのバージョンが7.5に上がってNVIDIAドライバーのバージョンも上がってしまったことが原因だということがわかりました。
CUDAのバージョンを7.0に指定してインストールすれば解決しそうですが、NVIDIAドライバーのバージョンは上がったままになってしまい、結局カーネルパニックが発生してしまいました。

仕方ないので NVIDIAドライバーを1つずつインストールすることにしました。
CUDA は依存関係のあるパッケージが多く、とても面倒です。

以下の順番でインストールしていけば入るかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*