さくらVPS(CentOS 6.2)でyumからApacheをインストール 

投稿者: | 2012/12/13

WebサーバーのApacheをインストールする。
今回は、yumでインストールしてみる。
ソースでのインストールは次回。

  1. リポジトリのApacheのバージョンを確認する
  2. バージョンが最も新しいリポジトリを選ぶ。
    リポジトリを入れていない場合は、過去の記事を参考にインストールしておく。

  3. インストール
  4. remiリポジトリからインストールする場合

  5. 起動確認
  6. プロセスを見て確認する。

    ブラウザからも確認する

  7. 自動起動の設定
  8. サーバーを再起動した際に自動的にApacheが起動するように設定する。

    確認してみる。

    DocumentRootはデフォルトでは /var/www/html/ にあるのでHTML,PHPなどをそこにアップする。
    設定ファイルは/etc/httpd/conf/httpd.conf で設定している。
    エラーログは/var/log/httpd/error_log にある(root権限がないと見れない)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*