パスを通す(一般ユーザ、rootユーザ)

投稿者: | 2012/06/26

コマンドを実行するためのパスを変更する。

大抵のコマンドは、/usr/binや/binにあるが、使いたいコマンドによっては、/usr/sbinなどに置かれているため、そのままではコマンドを実行できない。
フルパスで入力すればコマンドを実行できるが、毎回入力するのは大変面倒。
例)/usr/sbin/usermod
よって、そのような場合パスを通す必要がある。

  1. 現在のパスを確認する
  2. hogeは現在のユーザ名。
    「:」で区切っている。

  3. パスを追加
  4. 現在のユーザのホームディレクトリ(/home/hoge)の.bash_profileを編集する。

    「PATH=$PATH:$HOME/bin」の下に以下の設定を追加する。

  5. 設定を反映させる
  6. ファイルを編集しただけでは設定が反映されない。
    一度ログアウトして再ログインするか、以下のコマンドを実行することで設定が反映される。

    sourceコマンドはファイル内のコマンドを実行するコマンド。
    参考URL:UNIXの部屋 コマンド検索: source
    設定が反映されたか確認する。

    後ろに「/sbin:usr/sbin:usr/local/sbin:」が追加されていればOK。

以上が、パスの通し方だが、この方法はhogeというユーザだけが反映される。
rootユーザのパスを通すには、visudoを実行して編集する必要がある。

  1. パスの確認
  2. パスの追加

パスを通す(一般ユーザ、rootユーザ)」への2件のフィードバック

  1. 蓮池 一樹

    Fedora8を使用していて、いきなりifconfigなどsbinにある、コマンドが使えなくなりました。
    システム全体にpathがいきなり通らなくことが、現象としてありますか?
    解決策も教えていただけると嬉しいです。

    返信
    1. shu1 投稿作成者

      返信が大変遅れてしまい申し訳ございません。
      ブログ自体長期間放置していましてコメントを拝見したのも最近でして返信が遅れてしまいました。

      僕はFedora8を使ったことがないのですが、コマンドが使えない現象が起きた場合、以下のことが考えられると思います。

      1. /sbin, /bin 以下のコマンドがすべて削除された
      2. PATHが削除された

      1. はrmコマンドなどで誤って削除した場合ですが、今回の現象に当てはまらないと思いますが、ifconfig などフルパス(/sbin/ifconfig)でコマンドを実行できるか試せます。

      2. はCentOSの場合、echo $PATH でパスを確認できます。
      パスが突然消える現象は経験ありませんが、.bashrc などでPATHを追加したときに誤って上書きしてしまったことがあるぐらいです。

      あまりお役に立てず申し訳ございません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*